障害者施設等一般病棟について

障害者病棟とは、以下の疾患等をお持ちの患者様に入院していただく専門病棟で、入院期間の制限がありません。

また、ご自宅への退院や他施設への転院も可能ですので、患者様の状態に合わせていつでも退院できます。

■重度の肢体不自由者 ■脊椎損傷等の重度障害者 ■筋ジストロフィー ■神経難病 等


当院では、長期にわたる入院が必要な患者様が快適に療養生活をお送り頂けるよう、環境を整え、適切な治療と手厚いケアを行っております。

医師を中心に、看護師、理学療法士、作業療法士を配置し、治療からリハビリまで行っておりますので、安心して長期入院頂けます。

  

平川病院の入院体制について


   障害者施設等一般病棟 10対1 / 40床

  (入院患者様10名に対し1名の看護職員を配置し、手厚くサポートしております。

  

            ・ 医師 / 外科1名 ・ 内科1名

     ・ リハビリ / 2名体制(理学療法士1名・作業療法士1名)


   

【障害者施設等一般病棟の対象疾患】


①神経難病者

②重度の肢体不自由者(脳卒中の後遺症、認知症の方を除く)

③脊椎損傷等の重度障碍者(脳卒中の後遺症、認知症の方を除く)

④重度意識障害者


※脳卒中後遺症がある場合でも、下記の状態であれば対象になりますのでご相談下さい

 JCSⅡ-30以上 ・ GCS8点以下が2週間以上継続している状態 ・失語


医療関係者・介護施設関係者の方へ


 入院に関するお問い合わせは、地域連携室・鐘ヶ江までご連絡下さい。

    TEL / 0955-78-0026 

    FAX / 0955-78-2200

    mail / chiikirenkei@hp-hirakawa.com


   左記に掲げる疾患の重症患者様以外の方も、入院可能です。

  3割ほどの方が特殊疾患以外の患者様です。お気軽にご相談下さい。